同人ゲームを完成させるための10のポイント|scanhack

同人ゲームを制作してみたいとお考えですか?同人ゲームを作り始めるときはモチベーションも高いので、すぐに完成するつもりになりやすいですが、なかなかそうはいかないものです。このサイトでは同人ゲームの制作・販売経験のある私が、途中で挫折することなく同人ゲームを完成させるための10のポイントをご紹介します。

同人ゲームで収益が発生しまったらどうしよう?

      2016/12/20

同人ゲームというのはゲーム好きが趣味で作るのが基本です。

中には初めから儲けるつもりで作るケースもあるようですが、だいたいの同人ゲーム制作というのは、好きが高じてされるものです。

ですから、もし販売予定であったとしても、そんなにたくさん売れるとは想定していませんし、フリーゲームとして公開するつもりなら、なおさら収益なんて発生するとは思わないでしょう。

しかしそれでも、収益をどうするのかの取り決めはしておかないといけません。

収益

■人数割りが基本

どうせたいした収益など発生しないのであれば、取り分でもめることも少ないので、めんどくさいから等分するというのは楽な方法です。

私がおすすめしたとおり、少人数で制作していれば、「アイコン1個しか作ってない人と、それ以外の画像全部作った人」の取り分が一緒になってしまうこともないはずです。

大人数で作るとなると、こういった分配で不公平感が出るのも問題ですね。

■働きに応じて分配

もうちょっと多くの売り上げが期待されるような場合には、もう少し細かい収益の取り決めが必要になるかもしれません。

少人数制作の場合、プログラムとシナリオとグラフィックは一人でやったけど、音楽は仲間を見つけてきた、という場合もあり得ます。ここで、三つの仕事をした人と一つの仕事をした人で同じ取り分というのも不公平になります。

それぞれの仕事を対等に扱おうとすれば、仕事の量で分配の比率を変えることが必要でしょう。

ただ、一つの仕事を複数で担当したりした場合には、そこでの分配はまためんどくさいことになります。

プログラムとシナリオを担当した人と、グラフィックとシナリオを担当した人と、グラフィックと音楽を担当した人とかがいた場合とかに、機械的に、1.5:1:1.5と分けてしまっていいものかどうか。

複雑になりそうな場合には、なおさら先に取り決めをしておかないと、後々めんどくさいことになるでしょう。

■捕らぬ狸の皮算用

おわかりとは思いますが、私は同人ゲーム制作で儲けを期待するべきだと言っているわけではありませんよ。

期待はできないし、すべきとも思わないが、儲かってしまう場合があると言うだけの話です。

この話を勘違いして、

「そうか、同人ゲームを作ると儲かるんだ。よしがんばろう」

とか言うのはやめておいた方がいいことです。

結構、儲かるつもりで始めてしまう人がいるようなんですが、そういうものではありません。私も、儲かったらいいなとは思っていますが、儲かりそうな気配は全くないです。

中には、儲かっている人もいるようではあるんですが。

◎まとめ◎

・人気作になってしまったときのことも、一応考えておこう
・何かしらの流れで収益が発生してしまったとき、分配の仕方でもめたりしない取り決めはあるに越したことはない。

 


 

というわけで、同人ゲーム制作のポイントを10記事に渡り解説してみましたが、いかがだったでしょうか。

今は納得のいかないことも多いかもしれませんが、きっと始めたあとにでも、納得してくれることがあるのではないかと思います。

では、同人ゲーム制作をお楽しみください。

 - 未分類